さんさんキッズとは?

さんさんキッズ01

放課後等デイサービス さんさんキッズは発達に心配のあるお子さまや、様々な個性をお持ちのお子さまを対象とした通所支援事業所です。お子様の発達において、保護者様とお子様が抱える問題に寄り添いながら手助けをさせていただくことを目的に運営させて頂いております。
お子さまを預かるのではなく遊ばせるをコンセプトに、大きなトランポリンやボルダリングなども備えており、学研教室とも提携し一人ひとりの学習プランに合わせた教育体制も整えております。

放課後等デイサービスって、どんなところ?

放課後デイサービスとは

小学生から高校生までの障がいのある子どもや発達に特性のある子どもが、学校の放課後や夏休みなどの長期休暇で利用できる福祉サービスです。

個別療育や集団活動を通して、家と学校以外の居場所やお友達を作ることができる、子どもにとって心地の良い場所です。

活動内容

来所後の手洗いから帰り支度まで、日常生活活動の支援を行います。
遊びやおやつの時間と通して、集団生活への適応訓練や指導を行っていきます。

遠足

遠足は月に2回行っています。季節が感じられるよう四季に合った遊びをしたり、スタッフやお友達と一緒に出掛けることで集団行動を意識したりと様々な経験が積めるよう外出しています。
今までは、春・お花見、夏・プールや水遊び、秋・紅葉や室内遊園、冬・お餅つきやスケートです。
その他にも動物園や水族館、大きな公園にも行きました。

子ども達が、のびのびと楽しむ姿がたくさん見られ充実した時間を過ごすことが出来ています。スタッフも童心に返り、子ども達と一緒に活動することで毎回新しい発見があります。

文化活動

イベント

準備中

活動内容

音楽療法

音楽の持つリラックス効果や発語、コミュニケーション能力の向上を目的としたリラクゼーション法の一つです。
月に2回講師に来てもらい行っています。
音楽を聴くだけでなく、マラカスやタンバリンを鳴らしたり歌をうたったりすることによりストレスを軽減できるプログラムを用意しています。
その他にも音楽に合わせて電車ごっこやトランポリンをして身体を動かしながら友達と関わったり、オノマトペを用いて多くの言葉と触れ合う機会を作っています。
また、数え歌を取り入れたり身近な言葉(平仮名)を見たり聴いたりすることによって、発語を促し言葉と文字の一致を目指しています。

活動内容

プログラムのご案内

プログラム

さんさんキッズでは、お子さま一人ひとりに合わせた様々なプログラムをご用意しております。

施設内活動はもちろんの事、課外活動や宿題補助など、身体を動かすことから学習に関することまで、様々なサービスを行っております。

当施設のスタッフがしっかりお子さまの状況に合わせ、自由に個性を伸ばしていける環境を提供しております。

集団活動

一日の活動の流れ〈スケジュール)視覚的に示し、物事には始めと終わりがある事を伝え、見通しを持って活動できるようにしています。

絵本の読み聞かせや歌、製作・外出支援など子どもさんの状況に合わせた取り組みを実施しています。

学習支援

環境整備された場所で先生と1対1で、新しいことの学習をしていきます。余暇スキル・事務作業・学習課題・パッケージング・組み立て分解・分類・マッチング・プットイン以上8項目を個別でその子にあった、必要なスキルを身につけることができるように、「できた!」という達成感を大切にして実施していきます。

自立課題

個別学習で自立できた活動をはじめから終わりまでひとりでできるよう設定しており、一人でできたという達成感が次の課題へ繋がるよう実施していきます。

ソーシャルスキルトレーニング

将来不安を感じるかもしれない、「人との関わり方」をグループワークと体をつかうワークを中心に、小集団で学んでいきます。

からだを使った活動

からだを使った活動を通して、感覚統合を養ったり、ルールのある遊びに参加し楽しく過ごせるよう支援を行っています。

身辺自立の学習

視覚的支援により一人で出来るよう環境設定するなどお子さま個人個人に合わせた支援を行っています。